目次


第1章

ログイン

ログインするには、URLとユーザーの資格情報が必要です.

  • ChromeやSafariなどのサポートされているブラウザを開きます
  • 次のようにURLを入力します:https://app.sensehawk.com/
  • ユーザー名とパスワードを入力します
  • [ログイン]をクリックします

アプリケーションが開き、ホームページが表示されます


SenseHawkWorkの紹介

SenseHawk Workは、他に類を見ないマップベースの生産性およびタスク管理ツールです。これにより、ユーザーはタスクを作成し、ファイルを添付し、サイトマップ上の要素に関連付けられたフォームに入力することができます。 SenseHawkコアに存在する太陽光発電所のデジタルツインを使用して、ユーザーは太陽光発電所の実際のコンポーネントを含む複雑なワークフローを作成できるようになります。ツールとその使用例の一部を以下に示します.

タスク管理:

SenseHawk Workを使用すると、マップ上に直接タスクを作成し、それらを太陽光発電所のデジタルツインのコンポーネントに関連付けることができます。たとえば、マルチポイントQCチェックを実行するEPCチームは、複雑なチェックリストを作成し、それらをソーラーファームの個々のコンポーネントに添付できます.

図1:トラッカーのQC操作は、太陽光発電所のデジタルツインに直接設定できます

個々のトラッカー行に割り当てられたタスクの使用


図2:QCタスクリストは、フィールド上の1つ以上のチームに割り当てることができます。チェックリストが完了すると、Excelにエクスポートできるため、紙のフォームの必要性がなくなります



フィールド上のユーザーは、サイトを歩き回っているときにアドホックタスクを作成することもできます。たとえば、ユーザーはサイトで壊れたモジュールに気づき、携帯電話を使用して写真を撮り、スーパーバイザーに欠陥を警告するタスクを作成します。これはデスクトップアプリケーションで表示できます。

図3:ユーザーは、サイトで損傷の写真を撮り、監督者が本社に戻ってフォローアップするためのモバイルアプリケーションでタスクを作成できます


タスク情報は、SenseHawk Workのレポートダッシュボードで分析したり、Excelに簡単にエクスポートしてさらに分析したりできます。これは、多数のタスクを追跡する必要があるパンチリストやQCアクティビティの場合に特に役立ちます。

図4:SENSEHAWK WORKダッシュボードでのタスクの監視完了ステータス、生産性の分析など


図5:エクスポートタスク、チェックリストデータ、添付ファイル、およびその他の優れた情報


第2章



SenseHawkWorkユーザーガイド

1. クレデンシャルを使用してapp.sensehawk.comにログインします

マップ上でのタスクの作成

1. 組織のホームページで、目的のアセットをクリックします


2. デジタルツインを配置すると、ユーザーはマップ上のどこにでもタスクとチェックリストを割り当てることができます。サイトのデジタルマップまたは地形ビューが開いたら、[タスクの作成]をクリックしてから、マップ上の任意の場所をクリックします.


3. [タスク]ダイアログボックスで、タスク名を入力します。できれば、対処するために提起された問題を示すか、問題ステートメントの本質を捉えたキーワードを使用します.


4. ドロップダウンからカテゴリを選択し、[作成]をクリックすると、タスクが正常に発生します


発生したタスクに詳細を追加する

1. [作成]をクリックすると、最大化/詳細化されたタスクビューが開きます.

2. タスクにタグを追加して、特定のカテゴリに分類します。同じタグですべてのタスクを追跡することで、単一の屋根の下に配置された一連の定義された問題を監視することにより、シームレスなワークフロー管理が可能になります.


注:タグをさらに追加するには、タグ名を入力してEnterキーを押します。

3. タスクに参加している各オプションを入力して、タスクを機能させます.

譲受人:

組織のメンバーに特定のタスク権限を割り当てることを選択できます.

注:担当者は、単一のユーザー、複数のユーザー、またはチームにすることができます。


優先順位: 

タスクにクリティカル、高、中、または低の優先順位を付けることができます。優先順位は、問題解決に実用的な運用上の洞察を提供できます。タスクの優先度はいつでも変更できます

説明: 

タスク全体の説明を追加します.

添付ファイル:

ローカルデバイスまたはGoogleドライブ/ドロップボックスなどのクラウドサービスからファイルを添付します.

アクティビティ: 

これには、タスクで実行されたアクティビティまたはアクションのログ全体が含まれます.

チェックリスト: 

大きなチェックリストをタスクに添付して、複雑なタスクをフィールドで簡単に分類して管理できるようにすることができます。タスクを使用すると、無期限のネストまたは複数のチェックリストを組み込むことができます。

  • タスク内にチェックリストを作成します。 「新しいチェックリスト」をクリックして、チェックリスト項目をいくつでも入力します。

  • チェックリスト内の各項目には、担当者を含めることができます。一般に、多くの人がリモートでいる大規模なプロジェクトをフィルタリングする場合、小さなタスクがすり抜けてしまう可能性があります。各アイテムに1人の個人を割り当てると、それらの責任が維持され、すべてを一度に完了するために1人が圧倒されるのを防ぐことができます。これにより、可視性がさらに向上し、重要なことに、誰がいつ何をしているのかについての自己説明責任が高まります。

  • チェックリストの項目内のその他のオプションについては、省略記号をクリックして、名前の変更、サブ項目の追加、メモの追加、ファイルの添付、および項目の完全な削除を行ってください.

  • チェックリストの準備ができたら、省略記号をクリックします。このチェックリストは、後で発生するタスクに直接ロードできるテンプレートとして保存できます。

スケジュール: 

すべてのプロジェクトでは、一連の定期的なタスクを等しいまたは等しくない時間間隔で繰り返し実行する必要があります。ワンクリックの自動スケジュール機能は、定期的な活動スケジュールを作成するのに役立ちます.

  • タスク内で、[スケジュールの設定]をクリックします

  • メンテナンスアクティビティを繰り返す日付(週、月、または年)を選択します。たとえば、アクティビティを毎月3日、14日、24日に実行する場合は、頻度のドロップダウンから[毎月]を選択し、それぞれの日付を選択します.

  • 特定の活動に終末期がないとします。 [永遠に繰り返す]ラジオボタンをオンにします.

  • [保存]をクリックすると、アクティビティがスケジュールされます.

会話/コメント:

タスクが発生すると、担当者の仕事は問題を解決するか、前述のタスクを完了することです。彼らはリクエスターからより多くの情報を収集する必要があるかもしれません。リクエスターと通信するには、タスクにアクセスできる人なら誰でも読むことができるコメントを追加します。それをするために

  • コメントセクションまで下にスクロールします.

  • 「会話」を開始するには、コメントを入力します。 '@'を使用して、組織内の誰かにタグを付け、それらと直接会話します。タグ付けされた個人は、電子メールで通知されます.

  • タスクのコメントに対してリッチテキスト形式を有効にすると、画像をさらに添付したり、リンクや絵文字を追加したりできます.

  • コメントを入力するには、コメントボックスの右下隅にある送信アイコンをクリックします.

  • コメントが追加されると、タスクの担当者、作成者、およびコメントでタグ付けされたメンバーに電子メールで通知されます(通知トリガーが無効になっていない場合).
  • 誰かが電子メール通知またはタスクへのコメントに応答すると、その応答はタスクへのコメントとして追加されます.

テンプレート: 

タスクは、テンプレートから保存およびロードして、将来のタスクのモジュールとして機能させることもできます。これらのテンプレートから、まったく新しいタスクを作成できます.

  • タスクの右上隅にある[設定] / [歯車]アイコンをクリックします

  • [テンプレートとして保存]を選択すると、次のウィンドウが開きます

  • テンプレートを他の人に表示するかどうかに応じて、共有可能性を選択できます。さらに、すべての特定のタスクをテンプレートに含めるか、同様のタスクの将来の使用のために保持および保持する特定の機能を選択するかを選択できます.

テンプレートを使用したタスクの作成: 

これらのテンプレートを使用すると、タスクを簡単に作成できます。テンプレートからタスクを作成するプロセスを以下でお読みください

  • 新しいタスクを作成するのと同じように、マップ上の任意の場所をクリックして[タスクの作成]をクリックします.

  • タスク名を入力し、ドロップダウンからカテゴリを選択して、[タスクテンプレートを使用して作成]をクリックします.

  • テンプレートを選択し、[作成]をクリックします.

テンプレートを読み込む: 

または、すでに作成されているタスクについて、およびタスクテンプレートに従ってタスクの詳細をロードする場合は、以下のプロセスに従います.

  • [テンプレートからロード]を選択すると、次のウィンドウが開きます

  • すべての特定のテンプレートを新しいタスクに含めるか、現在の使用のために保持および保持する特定の機能を選択するかを選択できます.

追加機能:

  • 名前の横にある星のアイコンをクリックします。タスクをお気に入りとしてマークして、レポート内の他の問題の中で特定の問題をフィルタリングするのに役立てることができます。これは、フラグをアクティブにすることに似ています.

  • ステータスドロップダウンボタンをクリックすると、タスクが「保留中」、「進行中」、「解決済み」、「クローズ」、「拒否」のいずれであるかに基づいて、タスクの現在のステータスを変更できます.

  • タスクの右上隅にある[監視]ボタンをクリックすると、追加されたユーザーは、タスクに対して実行されているすべてのアクティビティをリアルタイムで監視できます.


タスクの一括作成


テンプレートに加えて、タスクアプリケーションは、特にコンポーネントQC(100%またはサンプリング)を実行する場合に、ベクトル属性に基づくバルクタスクをサポートし、サイト管理者または技術者が多数のタスクを発生させるためのより高速な方法です.


タスクの一括作成を実行するには、以下のプロセスに従ってください.

  • マップビューで、フィルターアイコンをクリックします.

  • 問題が存在する場所に応じて、プロパティタイプと値を選択します。 「適用」をクリックします.

  • マップ上のベクトルが表示されたら、それらをすべて選択して、[タスクの作成]をクリックします. 

  • 一括タスクを作成するには、タスク名を入力し、カテゴリを選択して、[タスクテンプレートを使用して作成]チェックボックスをクリックします。

  • タスクは、マップ上で選択されたベクトルに対して作成されます.


注:ベクトルの選択は、「Shiftキー」を押しながらマップ上の個々のベクトルを選択するか、「Shiftキー」を押しながらポインターをドラッグしてベクトルを選択することによっても実行できます。


タスクダッシュボード

ダッシュボードまたはタスクアプリケーションは、タスクの概要と発生したすべてのタスクの概要を一目で確認できます。許可に基づいて、便利なことに、発生したタスクにアクセスし、アクションを実行し、高度な並べ替えまたはフィルタリングを使用してタスクリストを候補リストに追加します。タスクアプリケーションには、アクションを表示および実行するためのかんばんビューとカレンダービューもあります。


タスクアプリケーション:


1. 組織の[ホームページ]ページで、[タスク]をクリックします.



2. アプリケーションが開き、リストビューに発生したタスクのリストが表示されます。タスクリストは、「カテゴリ」、「優先度」、「期限」、「担当者」、「ステータス」などの項目のいずれかをクリックして並べ替えることができます.


3. タスクを除外して、特定のリストの候補リストに追加します。 [フィルター]をクリックし、必要なフィルターを入力して候補リストに追加します。


4. その他のクイックフィルターには、アセットによるタスクのフィルター処理、ログインユーザーまたはタスクアプリケーションにアクセスするユーザーに割り当てられたタスクのフィルター処理が含まれます。


5. タスクアプリケーションは、タスクのステータスに基づいて、または期日ごとにタスクを表示および整理するためのさまざまなビューも提供します。

  • かんばんビュー:かんばんビューを使用して、仕掛品を減らし、効率を最大化します。タスクのステータスを簡単に監視し、ステータスを変更するには、タスクをドラッグして目的のステータスに移動し、タスクのステータスを変更します。


  • カレンダービュー:カレンダービューを使用してレイアウトを選択し、一度に表示できるカレンダーデータの量を指定します。 「日」、「週」、「月」から選択できます。このビューでタスクをクリックしてドラッグすると、タスクの期日を簡単に変更できます。


6. 「テンプレート」セクションですべてのテンプレートを表示します。テンプレートをクリックして詳細を編集します。


7. タスクテンプレートと同様に、チェックリストテンプレートを表示および編集するには、[チェックリスト]をクリックします。


8. 「アセット固有のタスク」を表示するには、アセットをクリックして「タスク」に移動します。これにより、選択したアセットに固有のすべてのタスクが除外されます。