TABLE OF CONTENTS


第1章


ログイン

ログインするには、URLとユーザーの資格情報が必要です。

  • ChromeやSafariなどのサポートされているブラウザを開きます
  • 次のようにURLを入力します:https://app.sensehawk.com/
  • ユーザー名とパスワードを入力します
  • [ログイン]をクリックします

アプリケーションが開き、ホームページが表示されます。


SenseHawk Vault / Files(ドキュメント管理)の概要

ボールトはソーラー用のファイルシステムです。 SenseHawkボールトを使用すると、ファイルフォルダをすっきりと管理できます。

特徴:

複数のファイルタイプ:

法務およびコンプライアンス文書、財務モデル、設計ファイル、CAD、保証文書、データシート、マニュアル、QCチェックリスト、IV曲線などのすべてのファイルを保存、アクセス、および共有できます。


データルーム:

IE、所有者、貸し手と、およびトランザクション中に情報を共有するためのデータルームを作成します。個人、チーム、内部、外部、およびログへのアクセスを提供します。


どこからでもファイルを追加:

  • 携帯電話、コンピューター、または一般的なファイルストレージプラットフォーム(Dropbox、Googleドライブ、Onedrive)からファイルをインポートする
  • ファイルフォルダを整理します。タグを作成して使用し、ファイルを整理および検索します

  • シンプルで直感的なユーザーインターフェイスは、電子メールでの検索に時間を無駄にすることなくファイルを見つけるのに役立ちます
  • ドキュメントの表示、検索、ファイルの共有、バージョンの管理


すべてのアプリケーションからVaultにアクセス:

  • SenseHawkアプリケーションからファイルにリンクしてアクセスする
  • チケットにファイルを添付し、アプリから画像とファイルをアップロードし、Terra、Eye、またはThermからファイルを表示およびアップロードします
  • ドキュメントをコンポーネントタイプにリンクし、サイト上のコンポーネントのすべてのインスタンスからのアクセスを有効にします
  • SenseHawkアプリでチケットに添付されたドキュメントをオフラインで表示する


コラボレーション:

  • 長いURL、遅いFTPサーバー、そしてそのとらえどころのないCAD図面の無駄な電子メール検索に別れを告げてください。デジタルクラッターに別れを告げる
  • 内部チームメンバーと外部組織からのゲストログインに個別のアクセスプロトコルを使用して、階層ベースのアクセスを設定します
  • アクティブユーザーと「ウォッチャー」を常に表示し、有効期限なしでファイルが共有されるリスクを回避します


安全:

  • 分散型の信頼できるインフラストラクチャで機能するセキュリティ
  • 2要素認証をサポートし、データを安全に保つためにセキュリティ機能を常に更新します
  • 私たちは、さまざまな法域の顧客が要求するデータのプライバシーとガバナンスの要件に敏感です


第2章

SenseHawk Vault / Filesユーザーガイド

1. クレデンシャルを使用してapp.sensehawk.comにログインします


2. 組織のホーム画面で、[ファイル]をクリックします

3. ファイルアプリケーションが開くと、[アップロード]オプションと[新しいフォルダ]オプションが表示されます。アップロードでは、ファイルをアセットに直接アップロードできますが、新しいフォルダーを使用すると、無制限のフォルダーを作成し、必要に応じてファイルを整理できます。

4. フォルダが作成されると、データをアップロードしたりサブフォルダを作成したりするための同じオプションが見つかります。 

5. ファイルとフォルダの場合は、同じものを選択して画面右側のデータ情報を表示します。情報セクションで、「アクティビティの表示」、「共有」、「ダウンロード」などのアクションを実行します。


アクティビティの表示:これは、このフォルダーまたはファイルで実行された最近のすべてのアクティビティを表示します


共有:これにより、ファイルまたはフォルダーを他のチームメンバーと共有できます


ダウンロード:これにより、ファイルまたはフォルダーをダウンロードできます

6. また、ファイルまたはフォルダーの所有権をチームの他のメンバーに譲渡することもできます。

7. 情報セクションと同様に、垂直の省略記号をクリックして、各ファイルまたはフォルダーに対して同じアクティビティを実行することもできます。 「名前の変更」、「ダウンロード」、「共有」、「所有権の譲渡」、「移動」、「アーカイブ」、「削除」などのアクションを実行します。

情報:移動を使用すると、ファイルまたはフォルダーをあるアセットから別のアセットに移動できます


8. 複数のファイルまたはフォルダーを選択して、一括アクションを実行します。

9. 一括アクションを実行するには、フォルダーを選択し、アクションで、メニューからアクションの選択肢を選択します。

10. アーカイブされたすべてのファイルとフォルダを表示するには、画面の左側にある[アーカイブ済み]セクションに移動します。

11. 同様に、すべての共有ファイルを表示するには、「Sharedwithme」に移動します。

12. アセット固有のファイルとフォルダーの場合は、組織の[ホームページ]ページから目的のアセットを選択し、[ファイル]アプリケーションに移動します。

注:アセット内のアプリケーションの機能は、組織と同様になります。ただし、アセットの内容は、選択したアセットに固有のものになります。